埼玉県の骨董品買取店|ひよこ堂

古民家・倉庫・蔵・納屋・物置・実家や空家に眠っている骨董品・古美術・古道具・古家具・レトロな生活用品はございませんか?埼玉、東京、神奈川を中心に~関東近県、迅速に骨董品出張買取に伺います。

埼玉県・東京都他関東近県 骨董品査定&出張無料!

― 鑑定料/出張手数料等は 一切頂きません ―
遠方でもある程度骨董品の質量があれば出張料無料にて買取に伺います。リフォーム改築・解体・お引越前の片付け、御遺品整理、御売却の際、是非一度御相談下さい 。

骨董品・古道具買取 出張対応エリア

※親切丁寧な対応、誠実適正な査定買取、迅速な出張を心掛けております。
※こちらに記載の無い地域も内容条件により出張出来る場合がございますので御相談下さい。

● 東京都 ● 千葉県 ● 栃木県
● 埼玉県 ● 茨城県 ● その他の地域
● 神奈川県 ● 群馬県  

安心の実店舗ある骨董品店です。

― 当店は解体業者や片付け屋さんの副業ではありません。東京谷中で実店舗を営む骨董品店ですので安心して御依頼下さい!―

ひよこ堂は埼玉・茨城・千葉他 関東近郊で書画・骨董品・古美術品を扱う骨董オークション市場の他、古道具・古家具・古雑貨等あらゆる中古品を扱うリサイクル市場で、日々適正な価値相場を見極め体得しております。
幅広い分野の骨董品・古美術品・古物品を適正に査定し、御納得頂ける買取額を御提示致します。

よくある質問

Q : 骨董品と言ったら高級美術品や絵画掛軸、我家には無いのでは…

A : 御安心ください。骨董品買取業者にはそれぞれの得意分野があります。茶道具や古美術を得意とする専門店では美術的価値の付かない古道具や雑貨類は買取不可の場合もありますが、当店はインテリア性や実用性も評価の上、古家具や雑貨類など幅広く査定致します。→ 買取品目へ

Q : リサイクルショップでは断られたのだけれど…

A : 貴金属やブランド品を得意とするリサイクルショップはマニュアルに載っていない骨董品や古道具の査定は専門外です。当店はそうした業者様より紹介を受ける事もしばしばございます。リサイクルショップで扱わないお品も是非一度当店へ御相談下さい。

Q : すごく汚れているし、壊れていたりするのですが…

A : 傷や汚れも時代の味わいであれば問題ありません。また、例え壊れた古道具や古家具であっても、インテリアとしての面白さやアート性、実用品としての価値などを査定ポイントとして高く評価します。

Q : お店に行きましたが、店頭では扱ってなかったようですが…

A : 店頭では扱わないジャンルのお品物も骨董品業者のオークションやネットオークション等の販売ルートがありますので喜んで買取らせて頂きます。

Q : 少し遠いのですが出張は可能でしょうか?

A : お引越しや建替えなどで、ある程度まとまった質量があるようでしたら多少遠くても出張可能です。少量、数点といった場合はメールフォームから写真を御送付頂ければ判断の上御返信差し上げます。

解体前のリサイクルで経費節約

● 解体屋さんや片付け業者さんにとっては、骨董的価値やコレクション価値のあるなしは関係が無く、残置物は全て“廃棄物”でしかありません。当然の事ですが処分料金がかかります。経費節約やリサイクルの観点からも骨董品買取をおすすめ致します。

長持に入った掛軸や古い巻物・古文書
古い陶磁器や古伊万里の皿鉢
まずはお気軽に御相談下さい
TEL.東京
03-3824-5677
又は 埼玉
048-685-8393
メールでの簡単相談はこちら

幅広いジャンルの古物に対応

● 店頭では、さいたま工房でクリーニング、補修された骨董品を商品として販売する為、多少コンディションが悪くても買取が可能です。

● 古美術商やリサイクルショップで買取を断られた骨董品、傷んで汚れた古道具・古家具なども当店では買取対象になる場合があります。御処分になる前にまずはひよこ堂までお声掛け下さい。

思わぬ人気やコレクション価値の可能性

江戸-明治-大正-昭和…大切にされて来た懐かしい骨董品や古道具、御先祖様が収集された古美術品の中に現在思わぬ人気やコレクション価値が生まれている物があります。

骨董品・古美術品・古道具を押入れや倉庫で眠らせているばかりでは、年月と共にカビやホコリ、虫食いなどで傷みが進んでしまいます。大切に使い楽しんでくれる方や探し求めているコレクターさんへ橋渡しさせて下さい。

レトロな古民具や骨董古道具の写真

昭和の道具類も“ネオ・アンティーク”と呼ばれる時代です。

ひよこ堂店舗のあるのは “谷根千” こと東京都台東区の谷中です。下町情緒漂う古い街並みが人気ですが、近年防災上の理由で次々と古い建物が姿を消しつつあります。昨今は昭和レトロやミッドセンチュリーブームもあり昭和20~30年代のインテリアや雑貨も“ネオ・アンティーク”として人気が出つつあります。 解体されれば全て瓦礫=ごみとして処分されますが、大正~昭和木造住宅のレトロなフェンスやガラス建具類もひと手間加えれば、レストランやカフェの内装等におしゃれに生まれ変わります。

電笠や古時計が並ぶ店舗の様子

関東近郊にも残るひと昔前の道具を活かす

一方商品のレストアやリメイクを行っている『さいたま工房』があるのは埼玉県。
近郊には緑も多く山里や農地には戦前からの古民家が点在します。
埼玉・神奈川・茨城・千葉・群馬・栃木の郊外など、関東でもまだまだ古民家の納屋や倉庫に戦前まで活躍した古道具・生活用具・古布・古文書などが埃を被り眠っています。

どこの家庭でも身近にあった火鉢や鉄瓶といった古民具は現在も外国の方々に人気があり、小物を整理する小さな箪笥や引出し、道具入れ、文机や本棚などの古家具は戦前の職人によって贅沢な無垢材で作られていますので、クリーニングと補修で現代では決して手に入らないお洒落なインテリアになります。

生活用具として使われた、何の変哲もない桶やかご、農作物や道具を入れた木箱であってもひと手間加えればガーデニング用品やインテリアとしてとても人気があるのです。

補修された古道具や古家具

古い物には時代を証明する面白さや風格がある

骨董品や古道具はセンスと工夫次第で現代に再び活かす事が可能です。

お引越しや建替え前の整理で倉庫や物置・押入れから出てきた御先祖様のコレクションや骨董品・古道具・古民具・古くて何だかわからない物… 一見ガラクタやゴミにしか見えない物でも必要としている方や収集家が探し求めている意外な骨董品かもしれません。

御処分になる前に汚れたまま、壊れたまま、ちらかったままで結構です。御自身で判断される前にまずは一度拝見させて下さい。