さいたま市で解体前の遺品整理品を買取らせて頂きました。

明治時代の相撲絵や錦絵

長年独り暮らしをされていた亡兄様の家を解体する事になり、遺品の中に買取出来る物があるか御相談を頂きました。御自身でアクセサリーの製作や、掛軸・錦絵の表装をされるなど多趣味な方でいらしたそうです。残された品物を拝見しますと、奥様に先立たれ長年の独身生活でもこれ程趣味があり、お仲間があれば悠々自適の生活を送ってらしたのだろうと想像されました。心豊かな老後を過ごすには断捨離ばかりでなく、趣味で集めた大好きな品物に囲まれて過ごすのも悪い事ではないと思います。

アクセサリー作りの道具類や、これから表装する予定だった明治の錦絵を買取らせて頂き、ご遺族にも御満足頂けたようで良かったです。傍ら残された表装計画のスケジュール表に御兄弟の几帳面なお人柄が偲ばれました。

2019年09月19日