台東区で着物他を買取らせて頂きました。

蚊絣の麻と絣木綿

谷中店で、御実家の片付け中という御近所様より御依頼頂きました。お寺の裏手で戦災を免れた一角でしたので古い物が残っているとの事…、期待が高まりましたが茶箪笥や桐箪笥などは残念ながら戦後の物でした。省庁関係にお勤めだった御祖父様の記章や褒章類、御祖母様のお茶道具などを買取らせて頂きました。お着物も殆ど昭和半ば以後の物でしたが、蚊絣の麻の着物や藍染め絣木綿の反物などが数点あり、これらはブラウスなどにリメイクする方に人気があります。着物の場合、古い傷んだ物は処分してしまい、比較的最近のお品物を保存されているケースが多いのですが、実際に良いお値段が付くのは、多少傷んでいても昭和初期位までの手織りや手描きのお品です。戦後のお品は勿論購入時には高価な物ですが、殆どが機械生産品であり、一度袖を通してしまった物は余程のお品でない限りあまりお値段が付かないのが現状です。御実家の蔵や倉庫に戦前までの古い着物は眠っていませんか?古い物程高値の可能性がありますので是非御相談下さい。

2019年04月05日